TRICK(トリック)

2017年4月 7日 (金)

【警部補矢部謙三】『警部補 矢部謙三〜人工頭脳vs人工頭毛』完結

『警部補 矢部謙三〜人工頭脳vs人工頭毛』全5話が配信され、テレビドラマで言うところの「最終回」を迎えた。
ということでこの作品について書いていこうと思うのだが、その前に『警部補 矢部謙三』はどんな構造のドラマだったのかをおさらいしてみよう。

ドラマ『トリック』の登場人物である、矢部謙三を主人公に、相棒の秋葉原人をサブキャラにして、テロや組織犯罪と言った、矢部の所属する公安が取り扱うような事件を取り扱うのだが、謎解きをするのは矢部達とは別の『警部補 矢部謙三』オリジナルの人物で、矢部は偶然に助けられて事件を解決する、と言う構造になっている。

そして、『トリック』のスピンオフ作品ということもあって、『トリック』の主人公である山田と上田の存在をほのめかしたり、時にはカメオ出演的に出演することもあった。

続きを読む "【警部補矢部謙三】『警部補 矢部謙三〜人工頭脳vs人工頭毛』完結"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

【警部補矢部謙三】『警部補 矢部謙三〜人工頭脳vs人工頭毛』配信日決定!他

すでにお伝えしていたところだが、この記事を書いた記憶がない(笑)
それはともかく、この『警部補 矢部謙三〜人工頭脳vs人工頭毛』の配信日が、3月7日23時23分(全5話、毎週配信)と決まった。
それに伴って、公式サイトも更新され、PR動画がアップされている。このPR動画は、誰でも見ることができる。
また、2月17日5時26分から、TRICKシリーズと『警部補 矢部謙三』シリーズの全作品が動画配信される。テレ朝動画とauビデオパスでの配信となるが、劇場版はテレ朝動画での配信はない(ただし、amazonビデオなど他のプラットフォームでの配信は行っている)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

【警部補矢部謙三】警部補矢部謙三、ネット配信で復活!

再度再度、『警部補矢部謙三』が復活することになった。
『TRICKなメール』を登録していて気付いた人もいるかもしれない。
これまで、2010年に『警部補 矢部謙三』、2013年に『警部補 矢部謙三2』として金曜ナイトドラマ枠で放送されてきたが、今度は、auビデオパスとテレ朝動画というネット配信である。

続きを読む "【警部補矢部謙三】警部補矢部謙三、ネット配信で復活!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

【トリック】5月は堤幸彦監督祭り【CS放送】

先日も書いたとおり、CS放送のTBSチャンネルで、『SPEC』『ケイゾク』の一挙放送がある。
ところが、時を同じくしてか、同じくCS放送のテレ朝CS1で、『トリック』シリーズの放送が5月に始まる。

続きを読む "【トリック】5月は堤幸彦監督祭り【CS放送】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

【堤幸彦監督作品】バディの年齢【ケイゾク、TRICK、SPEC、ヤメゴク、etc】

堤幸彦監督作品といえば、「男女のバディ物」が多いことは言うまでもないが、実際の役者の年齢はどうだったのか、ということをメモ的に記録しておきたい。

連続ドラマでは、ドラマの第1回の時の年齢と、最終回までの間に誕生日を迎えた場合はその年齢を。映画の場合、映画公開日を基準に記載する。

『ヤメゴク』は、漫画の第1回を見る限り、三ヶ島翔が「バディ」という感じはあまりしなかったのだが、「バディ役」という報道があったことから、北村一輝さんが大島優子さんのバディということで記載する。

続きを読む "【堤幸彦監督作品】バディの年齢【ケイゾク、TRICK、SPEC、ヤメゴク、etc】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月28日 (日)

連続ドラマ映画化までの「道のり」

フジテレビのテレビドラマ『信長協奏曲』が2015年12月に映画化されるそうだ。
見た人なら分かると思うが、ストーリーの途中をぶった切った(というと乱暴な言い方だが)形での映画化であって、驚いた人が多いだろう。
正直自分は、アンフェアだと思った。
最高視聴率(関東地区、以下同じ)15.8%、平均視聴率12.3%と、最近の連ドラとしては悪くない数字ではあるが、初回が最高視聴率で、最終回が最低視聴率に近いというのは気になるところではある。
それはともかく、フジテレビが連続ドラマの映画化にこだわるのは、『踊る大捜査線』の成功体験が忘れられないからのような気がする。現在の社長が『踊る』のプロデューサーであった亀山千広氏であることも影響しているのではないか。2015年7月18日には、『HERO』の映画化も決まっている。

さて、ドラマの映画化というのは、連続ドラマの放送中にファンをつかみ、その後放送から映画化までの間、いかにファンを繋ぎ止めておくかというのが重要な要素になっているのではないかと思う。
そういった観点から、いくつかの連続ドラマの映画化における、ドラマから映画化までの日程を追ってみようと思う。
なお、ここでは「映画化」に視点を置くことから、映画の2作目以降のことは考慮しない。
また、かなり偏ったセレクトになっているが、見ていない作品のことは書けないからである。

続きを読む "連続ドラマ映画化までの「道のり」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

【SPEC】同じ俳優が演じた違うキャラクター【トリック】

仲間由紀恵さん(トリック・山田奈緒子役)と田中哲司さん(SPEC・冷泉俊明役)の結婚を祝して?両作品に出た違うキャラクターをあげて行きたい。

・椎名桔平…SPECでは、公安零課のトップ、津田助広。トリックでは、山田奈緒子につきまとう「妖術使い」
・北村一輝…SPECでは、『翔』から未詳に配属になった、吉川州。トリックでは、『ラストステージ』に登場した医師、谷岡将史(たにおかま さし)。
・松澤一之 SPECでは、おなじみ「馬鹿猪」の一人、鹿浜歩。トリックでは、「死を招く駄洒落歌」に登場の弁護士、松村弁
・石橋蓮司 SPECでは、フリーメイソンを思わせる某秘密結社の幹部、トリックでは、劇場版の「神003番」
・佐野史郎 SPECでは、教誨師をやっている神父、大島優一。トリックでは、「サイ・トレイラー」深見博昭
・浅野ゆう子 SPECでは、マダム陰&陽(二役)、トリックでは、新作スペシャル2のメインキャラ、東崎彩乃
・戸田恵子…SPECでは、御前会議の一員。トリックでは、『バトルロイヤル』に登場した「相沢天海」
・三浦理恵子…SPECでは、志村美鈴の通う大学の「大河原」教授。トリックでは、『バトルロイヤル』に登場した松宮佐和子
・山寺宏一…SPECでは、御前会議の一員。トリックでは、『バトルロイヤル』に登場したバスの運転手
・ 堀北真希 …SPECでは、「アレッサンドロ・カロリナ・マドカ」。トリックでは、『トリック劇場版2』に登場した、「西田美沙子」
・河原さぶ…SPECでは、『SPEC天』でフリーズドライされた船を発見する漁師、サブ。トリックでは、以前に教団『母之泉』から脱走した息子を殺された猟師。
・徳井優…SPECでは、『捜査一課弐係長」、トリックでは、県会議員の亀岡善三役
・渡辺いっけい…SPECでは、警察病院のバナナ医師(場名直人)役、トリックでは旅館「水上荘」の番頭、平山平蔵
・氏家恵 SPECでは、第8話で瀬文へのメッセンジャードールにさせられた二人のうち一人。トリックでは、田島美佐子
・野添義弘 SPECでは、『SPEC〜天〜』に出演の、村瀬健八。トリックでは、「笑顔がこぼれる回」主宰の大道寺安雄
・でんでん SPECでは、市柳未詳事件特別対策係長。トリックでは、黒門島の黒津分家の菊男。
・正名僕蔵 SPECでは、警官の林実。トリックでは、黒門島の黒津三男。

その他、半海一晃さん、サバ男さんがSPEC、トリックに、村杉蝉之介さんがSPECとトリックと『警部補矢部謙三2』に別の役で登場している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

【東洋経済ONLINE】10年後の続編【テレビドラマ】

少し古い記事であるが、東洋経済ONLINEに、真似るな危険!13年ぶりの「HERO続編」という記事が掲載された。

経済誌ということもあって、「リバイバル」ということにつきまとうリスクについて論じた記事であるのだが、ドラマを題材にしている。

この記事では、過去のヒット作の続編を、すでに獲得した視聴者に向けて制作する“続編”、新しい視聴者に向けて制作する“リバイバル”そして、その中間にあたるものとして“リバイバル続編”があるとしている。

“リバイバル”の代表として、『白い巨塔』(2003)をあげているが、これは例外中の例外と切って捨て、“リバイバル続編”としても、『ショムニ2013』を引き合いに出して、『HERO』第2シーズンの成功を「奇跡としか言いようがない」と簡単に済ませている。それどころか、『HERO』は2002年に第2シーズンが放送されていたら、視聴率は30%を超えていただろう、としている。2002年の30%と2014年の20%、生活習慣の違いもあって同じように評価するのは難しいだろう。数字が低いから単純に価値が低いとは言えないだろう。むしろ2014年に20%ドラマを放送するほうが価値が高いとも言えるのではないだろうか。
『HERO』の場合、検察という職業自体、というか社会の善悪という概念自体は2001年と2014年という時代をはさんでも、普遍的なものだろうが、『ショムニ』の場合、時代のあだ花的なものを感じるところである。

さて、経済誌らしく、「アメリカではシリーズドラマが多く放送されるが、日本ではそうならない」と論じている。しかし、にあるように、テレビ朝日では、『相棒』シリーズを含めとして、多数のシリーズドラマが放送されている。『相棒』や『科捜研の女』のように10シリーズを超えるものもあるし、その他にも「人気を博している」のかどうかはよく分からないが、シリーズドラマの多くがテレビ朝日によって製作されている。この表にはないが、第2シリーズまで放送され、第3シーズンが放送予定になっている『ドクターX』などもある。
また、この表の中に挟み込まれている『金田一少年の事件簿』であるが、原作漫画は散発的に発表され、ドラマも2005年にもスペシャルドラマが放送され、今回の連続ドラマも2回の単発ドラマを経てのスペシャルドラマである。
こういった、パイロット的に単発ドラマを放送して、連続ドラマにつなげるという方法も、『タイガー&ドラゴン』『ST』など、いくつかある。こういったケースでは、スペシャルドラマと連続ドラマの間が空きすぎるのは、効果が薄い。

もっとも、3ヶ月1クール、10話程度という現在のドラマのスキームと、放送されるドラマの多さが、制作現場を疲弊させ、何度も書いた、『刑事ドラマが多すぎる』といった、新しい発想を生みにくくしているという結論は納得である。

続きを読む "【東洋経済ONLINE】10年後の続編【テレビドラマ】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

【TRICK】トリック劇場版、iTunes Storeで販売

『トリック』の劇場版4作が、iTunes Storeで配信開始された。
しかも、レンタルだけでなく、購入もできる。

トリック劇場版
トリック -劇場版2-
劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル
トリック劇場版 ラストステージ

Gyao!やGoogle Playでも配信されているが、購入できるのはiTunes Storeだけだと思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

【TRICK】『トリック劇場版 ラストステージ』週別興行収入

『トリック劇場版 ラストステージ』の興行収入と動員ランキングを記録しておく。

1月12日…3億3165万7900円(2位)動員24万6099人
1月19日…9億1390万4050円(2位)動員70万1363人
1月26日…12億2638万9700円(2位)動員94万4951人
2月2日…14億5101万6500円(5位)動員113万3769人
2月9日…15億6169万7400円(8位)動員121万9308人

果たして興行収入20億円は…

| | コメント (0) | トラックバック (0)