SPEC (スペック)

2017年10月 1日 (日)

【re?】衣装合わせ【誰がキャストにいるのか】

例の完結編の衣装合わせ」をやるという予告通り、本日(10/1)主人公の衣装合わせが行われたようだ。ここで、「主人公」が複数形になっていないのが少し気がかり。また、脇を固めるのも堤組お馴染みのキャストであるようだ。
主人公がどうなるのかはもちろん、一応『ケイゾク』『SPEC』の続編様の作品であることから、『ケイゾク組』『SPEC組』からのキャストがどれだけ出るのかも気になる。

ところで、衣装合わせからクランクインまでどのくらいかかっているのかということで、過去の記事を探していたら、『SPEC〜翔〜』のときは2011年6月23日にしている。2011年7月1日にクランクイン、その後正式発表が2011年7月8日
『SPEC〜結〜』のときは衣装合わせは2013年2月12日と13日に行なっている。映画公開はおよそ数ヶ月後。クランクインが2013年2月18日。正式発表が2013年3月18日

スペシャルドラマや映画の話なので、直接的には参考にはならないだろうが、念のため押さえておく。多分、このブログでは『ヤメゴク』をフォローしているのだが、これはまた特殊なスケジュールなので参考にはならないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

【SPEC】津田助広の謎〜結〜(ネタバレあり)

これまで、津田助広について2つの記事を書いて、かなりのアクセス数を頂いている。

【SPEC】津田助広の謎(連続ドラマ篇)
【SPEC】津田助広の謎(翔&天篇)(ネタバレあり)
しかし、アクセス数にもかかわらず、記事の内容には全く満足いっていないのが現実、というか、気合十分で書いた記事よりも多く長く読まれていることにも満足いっていない。
そういうわけで、『SPEC〜結〜』で得られた情報も加えて、リベンジしたい。前の記事と重複になると思うが悪しからず。

最初に動画『SPEC〜first blood〜』に「公安零課」の名前が登場した。あっ、間違えた。ではなく、第8話に「陸軍中野学校」が登場する予定であることが明らかにされた。実際第8話に陸軍中野学校の名前が登場する。公安零課が、陸軍中野学校に由来することは、ドラマを見た人なら周知の事実であろう。

実際に津田と公安零課がドラマに登場するのは、第7話から。はっきりと明確になるのは第9話でのことなのだが、津田助広の姿をした人物が複数存在して、津田が殺されても、別の津田が現れるというシステムである。

また、ドラマでは明確になっていなかったのだが、地居も一時期、津田助広だった時期があり、SPEC HOLDERとして目覚めたために、地居に戻されたという設定になっている。スマートフォン向けに配信されていた『SPEC magazine電子完全版』に記載されていたのだが、現在は配信されていない。
この裏設定、連続ドラマの時点では全然納得行っていなかったのだが、『SPEC〜天〜』で登場した「宗家津田」の存在を考えるとわからないでもないかな、という感じである。

『SPEC〜翔〜』に登場した、神戸明こと「SPECホルダーサイドの津田」は、連続ドラマ『癸の回』のラストに登場した津田と同一人物と思われる。地居と同じようにSPECを持っているが、地居のように元の姿に戻されなかった理由は不明である。
同じく『SPEC〜翔〜』に登場した、市柳賢三も津田の一人。本名は名乗れないが、野々村係長の部下だったこともあるという。『SPEC〜天〜』で明らかにされたところでは、「24代宗家津田助広」で、いままでの津田助広は彼の影武者だったことが分かる(「自分は自分の影武者を全員無駄に死なせてしまった」という台詞がある)。
「宗家」が自ら登場することになったのは、連ドラ第9話【壬の回】でにのまえが「アグレッサー達は全員殺した。金太郎飴みたいな津田たちも一人残らず殺したよ」と言っていることから、彼らが全てにのまえに殺されたためである。
おそらく、神戸の津田と市柳の津田は、マスクをかぶっていたため、連ドラで殺されずに済んだのだろう。そして、神戸の津田は、連ドラ最終回で、地居を当麻に倒させるという公安零課のミッションに従事していたと思われる。つまり、御前会議の側に付いたのは『翔』の時点であると思われる。というのも、御前会議と神戸の津田の面会シーンで、初対面という感じだったからである。

【SPEC】津田助広の謎(翔&天篇)(ネタバレあり)は、「真相は闇の中だ」と結んだわけだが、津田が全滅することが、『SPEC〜結〜』にとって大きな意味を持っていた。

『SPEC〜結〜漸ノ篇〜』の植田プロデューサーのインタビューで、『SPEC〜天〜』で津田助広(の宗家)が死んだことがきっかけの一つとなって、御前会議がシンプルプランに対する態度を変えたことになっている(そんなに津田が重要な存在なら、本編にこの設定は盛り込んでおくべきだったのでは?)。また、『SPEC〜結〜爻ノ篇〜』のQ&Aでは、津田助広は伊勢神宮から始まる「御前様」直属の「影の軍団」の頭領であったという設定も示されており、『SPEC〜天〜』が「起承転結」の「転」である存在理由は、つまるところ津田助広(の宗家)の死にこそあり、『SPEC〜結〜』に話が進む上で、重要な意味を持っていたということになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

【ケイゾク、SPEC】夢【そして…】

いまは夢でしかないけれども、いつか実現する日が来るかもしれない。 その日のために、準備しておこう。 この記事やツイッターにコメントをいただいたら、その手助けになるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

【ケイゾク】『ケイゾク』から『SPEC〜結〜爻ノ篇』を見つめ直す【SPEC】

このSPEC公式ツイートは無視するとして、これも水面下で受け入れて、、先日このようなツイートをしたところ、プレッシャーを受けてしまった。


このことについては、自分でもすっかり忘れていたのだが、【ケイゾク】『SPEC〜結〜爻ノ篇』から『ケイゾク』を見つめ直す(その2)という記事でも書いているし、ずっと前に整理しようとしたことがあったのだが、やはりうまく行かなかったのである。
その無謀な試みに、挑戦しようと言うのが今回の記事である。
長文になるので、注意されたい。

続きを読む "【ケイゾク】『ケイゾク』から『SPEC〜結〜爻ノ篇』を見つめ直す【SPEC】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

【お知らせ】カテゴリー追加【SPEC】

2010年10月8日、つまり、『SPEC』連ドラ放送日から、2010年12月18日、つまり、『SPEC』連ドラ最終回の翌日までに書いた『SPEC』に関する記事(全部である。暇人)に、SPEC 2010というカテゴリーを追加した。
連ドラ放送時に、どれだけ私がマトハズレな妄想をしていたか、分かるかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

【妄想劇場】裏SPEC・未詳ができるまで(その3)

これは、ドラマ『SPEC』で、未詳(未詳事件特別対策係)ができるまでを個人的に妄想したものである。
したがって、TBSの公式設定とは一切関係ないので、あしからず。

続きを読む "【妄想劇場】裏SPEC・未詳ができるまで(その3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月28日 (火)

【妄想劇場】裏SPEC・未詳ができるまで(その2)

これは、ドラマ『SPEC』で、未詳(未詳事件特別対策係)ができるまでを個人的に妄想したものである。
したがって、TBSの公式設定とは一切関係ないので、あしからず。

続きを読む "【妄想劇場】裏SPEC・未詳ができるまで(その2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

【妄想劇場】裏SPEC・未詳ができるまで(その1)

これは、ドラマ『SPEC』で、未詳(未詳事件特別対策係)ができるまでを個人的に妄想したものである。
したがって、TBSの公式設定とは一切関係ないので、あしからず。

続きを読む "【妄想劇場】裏SPEC・未詳ができるまで(その1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

【TBSチャンネル】ケイゾク・SPEC一挙放送まとめ【スカパー】

デジタルリマスター版TV初放送記念!「ケイゾク」映画もドラマも全部見せますスペシャル(2017年1月)
「史上初!『SPEC』映画もドラマも全部見せますスペシャル(2017年1月)」

ということで、来年の年始はCS放送でケイゾク・SPECを一気に見られるということで紹介してきたわけだが、改めて日付に沿ってまとめておく。
良いお年を!

続きを読む "【TBSチャンネル】ケイゾク・SPEC一挙放送まとめ【スカパー】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

【SPEC】当麻紗綾の誕生日

昨日は、設定上の「当麻紗綾の誕生日」ということで、ファンが誕生日を祝うツイートをTwitterでするという現象が見られた。
ここ何年もの定番事象だ。

しかし、今年は、それが、スポニチアネックスという、マスコミに、戸田恵梨香演じる「SPEC」の当麻紗綾、ツイッターで今年も誕生祭開催として取り上げられた。

この「毎年ファンが行っていたことを記事として取り上げた」ということはどういうことなのか、記事を書いた記者を「取材」してみたいぐらいである。「関連ニュース」に表示される現実の役者のスキャンダル(というと語弊があるが(熱愛・破局・結婚・騒動)とカテゴライズされているトピックのこと)が影響しているのか、映画から3年も経過したドラマに根強いファンが付いているということにニュースバリューを感じているのか、後者であればありがたいことである。

それにしても、数年前であれば、「一般のマスコミが、ソーシャルメディアの話題だけをネタにニュース記事を書く」というのは考えられなかった。それどころか、ドラマの公式Twitterが取り上げた話題でも記事にならず、芸能人のブログに書かれることでそれを元に記事になる程度であった。それが近年、SNSのネタだけで記事を作るニュースサイトが登場し、一般のマスコミもそうなる、という時代になったわけだ。
近年ドラマのヒットには「SNSを上手く使う」ということが必須項目として挙げられるところ。『SPEC』は時代の先を行っていたと言えるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧