このサイトの見方

2016年6月22日 (水)

お願い

Facebookにこのブログへのリンクを貼らないでください
どんな意図でリンクを貼られているのか、確かめられないので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

【ブログ】ケイゾクなるままに@ココログ シーズン弐を閉鎖します【TPP】

環太平洋連携協定(TPP)交渉をめぐり、著作権侵害をめぐり、非親告罪化することが決まったということだ。
親告罪・非親告罪とは、知っている人も多いと思うが、知らない人もいると思うので一応書いておくと、通常の犯罪というのは非親告罪であるのだが、親告罪とは、被害者、つまり、著作権の場合著作権を侵害された著作権者の告訴がないと公訴を提起できない、つまり、犯罪として立件できない犯罪をいう。

私のブログが、著作権を侵害しているかといえば、限りなくブラックに近いグレーだ。
もちろん、著作者の利益を奪ってしまおうとかそういう考えで運営しているわけではなく、作品の面白さを伝え、多くの人に楽しんでもらおう、買ってもらおうという、著作権者の利益にかなうようなことをしているつもりではあるのだが、そのような自分勝手な言い訳は通用しないだろう

今まではまさに、著作権者様のお目こぼしの上に、私のブログは成り立っていたわけだが、TPPが締結され、著作権法違反が非親告罪化した場合、誰であってもこのブログの作者である私を、著作権法違反で告発することができるであろう。しかも、このブログや私のツイッターなどで私のことをよく思っていない方は、複数おり、その可能性は高い。
そのような事態が起こるようになってしまったら、私のブログ運営の趣旨は完全に損なわれてしまう。

幸い、条約が締結されたとしても、国内法が整備され、著作権法が改正され、施行されるまではしばらく時間があるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

このブログのコンセプト

「コンセプト」というと大げさだが、このブログをどういう観点から書いているのかということを、今更ながら記す。

一つ目は、「ドラマを解釈するにあたって、映像をひたすら見たり聞いたりすることに専念し、シナリオ・ノベライズや関係者のインタビュー記事などの二次資料は、映像に表現されていない部分のみ参考にし、それ以外の部分は無視する」ということである。
世に出回っているドラマ批評や、研究の類いは、各種資料を駆使し、製作者の意図に沿って解釈したり、関連作品に言及して、著者による批評を行うというものであるが、私はプロの物書きでもアマチュアの物書きでもないので、そういったことはできない。その代わり、ひたすら映像を丁寧に見て、映像から読み取れることをひたすら記していくようにしている。音声情報については、字幕に引きずられてしまう部分があるが、自分の耳から入ってきた情報を元にするようにはしている。
そして、それ以外の二次資料については、映像を読み取るうえでの補足としてのみ使用し、映像に反する資料は「映像優先」としている。

二つ目は、一つ目と矛盾するが、「映像に表現されたことを完全には信用しない」ということである。
映像を100%、作品中で起こったこととして解釈してしまうと、ストーリーが成り立たなくなる場合があるし、映像に反する解釈をしないとストーリーが成り立たない場合もある。そういった場合、とりあえずツッコミを入れ、映像を尊重しつつ、あえて映像に反する解釈をしている。
そういった解釈は、どうしても主観になってしまうので、あまり紹介しないでほしいのが正直なところである。

三つ目は、「製作者の意図を無視する」ということである。
エスパーではないので、製作者の意図など分かるわけがない。というか分からない。インタビューなどで製作者や演者が制作意図やコンセプト、演技意図といったことを語ることがあるが、実は私にはあまり関心がない。
むしろ、一つ目に書いたような観点で、製作者の意図しないような「別解」が得られたら面白い、ぐらいの感じで書いている。
分かりやすく言うと、「2+2=4」という計算をして「4」という映像を製作者が見せているとして、「1+3=4」という計算を導き出すようなことをしているかもしれない。

四つ目は、「突き放した目線で書く」ということである。
基本的に好きなドラマ、関心があるドラマのことしか書かないので、そういった気持ちが入ってしまうようだが、なるべく一歩下がって、突き放した目線で書くということである。
しかし、どうもそういう気持ちがダダ漏れになっているようで、さらなる精進が必要なようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

このサイトの見方

特に決めごとはありません。

【注意点】
虫の居所が悪いと、記事のURLを変えてしまうことがあるので、リンクを貼る際はご注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)