« 結着:ツイートの内容はもう問わない | トップページ | 2017年12月か2018年に? »

2017年5月 7日 (日)

【いら夏から】『ケイゾク』『SPEC』以外の堤・植田作品まとめ【神の舌】

もはやネタ切れか…と思われてしまいそうだが、『女囚セブン』は順調に面白くて特記することはないし、他に面白いドラマはあるのだが、私のブログでは取り扱わないことにする。

さて、堤幸彦監督と植田博樹プロデューサーがクレジットを連ねた作品を、まとめてみる。

『愛なんていらねえよ、夏』

脚本…龍居由佳里
音楽…見岳章、武内享
出演…渡部篤郎、広末涼子ほか

堤監督いわく、計算し尽くした演出ということなのだが、視聴率的には失敗となり、失意の堤監督と植田プロデューサーが『ケイゾク2』をやろう、と決意した、というのは有名な話。広末涼子さんがヒロインとしてこの記事に登場するのは1回目である。

『恋愛寫眞 Collage of our Life』

脚本…緒川薫
音楽…見岳章、武内享
出演…広末涼子、松田龍平ほか

広末涼子さんの役名「里中静流」は、いくつかの作品で植田プロデューサーのペンネームとなっているらしい(小説版『SPEC零』の「原案」クレジットなど)。ちなみに、この映画の脚本家は、『ケイゾク/映画』の宣伝担当のTBS社員。
『恋愛寫眞 もうひとつの物語』と『ただ、君を愛してる』には堤監督も植田プロデューサーも全く関わっていない。この映画をもとに小説化された『恋愛寫眞 もうひとつの物語』を再映画化したのが『ただ、君を愛してる』なのであるが、再映画化に当たって映画『恋愛寫眞〜』の側には連絡が行っていなかったらしい。

『Stand Up!!』

脚本…金子ありさ
プロデュース…石丸彰彦
出演…二宮和也、山下智久、鈴木杏、成宮寛貴、小栗旬

プロデュースは『世界の中心で、愛をさけぶ』(堤幸彦監督作品)『JIN -仁-』などの石丸彰彦プロデューサー。植田博樹さんは、とある理由(正確に言うと、正確な理由を覚えていないだけ)で、「企画」という名前でクレジットされている。

『包帯クラブ』

脚本…森下佳子
出演…柳楽優弥、石原さとみ、田中圭、貫地谷しほり、関めぐみ、佐藤千亜妃ほか

見ていないので、語れる内容はない。

『自虐の詩』

脚本…関えり香、里中静流
出演…中谷美紀、阿部寛ほか

見ていないので、語れる内容はない。中谷美紀さんが出演しているので、『ケイゾク』にオファーしたらこの作品に出ることになったということだろうか(そんなわけない)

『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』

脚本…櫻井武晴
音楽…武内亨、fox capture plan
出演…大島優子、北村一輝ほか

『SPEC』後、初の「堤・植田」作品。しかも警視庁を舞台とする刑事物、ということで『ケイゾク』『SPEC』と比べてどんなものかなと思っていたわけだが、「テレビドラマは脚本家のもの、映画は監督のもの」というところの、脚本家の違いが如実に現れてしまった。

『神の舌を持つ男』

脚本…櫻井武晴
出演…向井理、佐藤二朗、木村文乃、広末涼子ほか

「つまらない」とか言っておきながら紹介するな、という話もあるが、堤・植田作品3回目のヒロイン的な登場となる、広末涼子さんである。

『RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー! 略して・・・蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編』

Amazon上のタイトルが『RANMARU 神の舌を持つ男 ~中略~ 鬼灯デスロード編』になっているのが笑える。
映画に関しては、「時間の無駄」とか書いてしまった手前、紹介するな、と言われそうだが、『いら夏』で始まって『RANMARU』で終わるという、あまり好きな言葉ではないが「爆死で始まり爆死で終わった」流れが、次へのジャンプを生むのではないか?と期待する。

|

« 結着:ツイートの内容はもう問わない | トップページ | 2017年12月か2018年に? »

ヤメゴク」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

神の舌を持つ男」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155300/65248985

この記事へのトラックバック一覧です: 【いら夏から】『ケイゾク』『SPEC』以外の堤・植田作品まとめ【神の舌】:

« 結着:ツイートの内容はもう問わない | トップページ | 2017年12月か2018年に? »