« 【ケイゾク】アーカイブ・『ケイゾク/寫眞集』スケジュール表解読 | トップページ | 【ケイゾク】中谷美紀『ケイゾク』、放送事故レベルの現実乖離に批判殺到「刑事をなめるな」【ビジネス?】 »

2016年10月16日 (日)

【真田十勇士】アプローチは違うが、同じ方向を向いている?【真田丸】

今日、舞台『真田十勇士』を見てきた。
初演の時と同じように、プロジェクション・マッピングなど、映像技術と舞台を混合した総合エンターテイメントになって、さらにパワーアップしている。
役者のリフレッシュについては、いろいろ意見があるだろうから、ノーコメントとしておく。

さて、『真田十勇士』と言えば、同じ脚本で映画も上映されているが、なかなか厳しい興行成績(頭の悪い口の悪い批評家に言わせると、「爆死」と言われるレベル。
しかし、この作品については、舞台を見てしまうと、映画の映像素材も舞台映像として使われたと思われ、また、上演の尺の長さも、舞台版の方が長い。『真田丸』ネタを含めて、舞台ならではのアドリブも楽しめる。
何が言いたいのかというと、舞台がフルコースだとすると、映画は軽食、とまではいかないまでも、それに近い違いがあるのではないだろうか。

『真田丸』の言葉が出てきたところで、以前に書いたように、

『真田丸』は、主人公の名前を後世に知られた「真田幸村」ではなく、本名の真田信繁とし、真田信繁(幸村)といった表記をしていることから察すると、伝説的な武将「真田幸村」のベールを剥いで、真田信繁という武将を出発点とし、そこから物語の枝葉を伸ばしていこうとしているのではないかと推測される
と書いた通りであったが、そこから伸びた物語の枝葉が、「真田信繁」に「真田幸村」と名乗らせることで、伝説的な武将「真田幸村」が語り継がれていくようになる様子を描いているのではないだろうか。
その意味では、腰抜けの武将だった「真田幸村」を、策略で天下の名将に仕立て上げ、後世に語り継がせるという『真田十勇士』と同じアプローチであると言えるのではないだろうか。

|

« 【ケイゾク】アーカイブ・『ケイゾク/寫眞集』スケジュール表解読 | トップページ | 【ケイゾク】中谷美紀『ケイゾク』、放送事故レベルの現実乖離に批判殺到「刑事をなめるな」【ビジネス?】 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155300/64357460

この記事へのトラックバック一覧です: 【真田十勇士】アプローチは違うが、同じ方向を向いている?【真田丸】:

« 【ケイゾク】アーカイブ・『ケイゾク/寫眞集』スケジュール表解読 | トップページ | 【ケイゾク】中谷美紀『ケイゾク』、放送事故レベルの現実乖離に批判殺到「刑事をなめるな」【ビジネス?】 »