« 【神の舌を持つ男】予想していた期待はずれへの不安 | トップページ | 【ケイゾク】アーカイブ・『ケイゾク/寫眞集』スケジュール表解読 »

2016年10月 1日 (土)

【てるてる家族】過去にも未来にも、こんな朝ドラは出現しないだろう【最終回】

書くことが結構あるかと思っていたが、もうそれはドラマを見れば十分、ということか、ほとんど『てるてる家族』について書くことはなかったが、ついに再放送の最終回を迎えることとなった。

この朝ドラの特徴的なのは、『てるてる家族』というタイトルに象徴されるように、「家族」を主役にしているということである。このような朝ドラは、なかなか珍しいものである。
もちろんヒロインは石原さとみさん演じる岩田冬子だし、ヒロイン顔負けの活躍をするのが浅野ゆう子さん演じるヒロインの母、岩田照子であるが、終始、「岩田家」という家族そのものが、構成メンバーを少しずつ変えながらも、主人公の役割を果たしてきたといえるのではないだろうか。
それを象徴するのが、ドラマの最後のエピソードに、四姉妹の三女・秋子の旅立ちを持ってきたことである。
「家族」という存在は、ずっと続いていくものであり、どこをドラマの「終わり」に持ってくるかは難しい。
今回の再放送で気づいたのだが、最終回の少し前の回で、冬子がナレーションで「私たち姉妹はもうすぐ本当に別々の場所で生きることになるのです」と言っている。つまり、四姉妹が別々の場所で生きることになるということを、一つ屋根の下で生きる共同体としての「家族」の最終回として、ここでドラマが終わる意味をもたせたというわけである。

もう一つ特徴的なのは、「音楽」をテーマにした朝ドラはあるものの「ミュージカル仕立て」の朝ドラというのは、私も朝ドラを全部見たわけではないので確証はないが、おそらく他にないだろう。これによって得られたノウハウは、のちの朝ドラに反映されることはなかったのであろう。残念である。

やはり名作朝ドラというに相応しいと思うのは、登場人物一人一人が、それぞれの人生を歩んでいることを感じさせることである。例えば、大阪から佐世保に舞台を移して物語が始まるわけだが、再び佐世保が舞台となり、登場人物が再登場することで、それぞれの歩んできた人生が感じられる仕掛けとなっている。もちろん、大阪の登場人物もそうだし、エキストラ的な出演の「郵便配達人」とか「蕎麦屋の出前」といった人物にも、「見せ場」みたいなものがあったりする。

朝ドラではヒロインに子役を使うことは多いが、この作品では子役を2段階挟んで、石原さとみさんを初めとする四姉妹の本役が登場するのは非常に遅かった(第41回のラストシーン)。これはもしかしたら、石原さんが朝ドラヒロイン当時最年少の16歳ということで、現役高校生ということでスケジュール上の配慮があったのかもしれない。しかしそれを逆手にとって子役時代のエピソードをドラマ上で有効に活用していた。

実話を基にしたドラマというのは多くあり、この作品もそうなのであるが、この作品については、ヒロインの生涯は実話の方がドラマティックである気がする。史実で岩田冬子のモデルとなった石田由利子さんは、宝塚音楽学校デビュー後、宝塚歌劇団には入団せず(ここまではドラマと同じ)、歌手デビューし数枚のレコードを出して直ぐに、作詞した作詞家(なかにし礼さん)と結婚したのである。家業のパン屋を継いだ冬子の方が、見方によっては平凡である。
しかし、実話をそのままドラマにしたら、実に拍子抜けしてしまうだろう。

名シーンは数え切れないほどあるが、この朝ドラの中でも、というか、もしかしたら歴代朝ドラの中でも名シーンに数えられるのではないかというのが、第131回、普段は内部での撮影を許可されないところ、特別に撮影を許可された、黒島天主堂のシーンだろう。ある種の「告解」の場面だった。すると、春男は神父なのか?(笑)そして、第36回、冬子と和人の別れの一連のシーン。こちらも芸術的にも美しい名シーンだった。
個人的に『てるてる家族』ならではの名シーンは、最終回の「若いってすばらしい」を歌い上げるカーテンコールである。こんな粋なラスト、他のドラマでは当然ありえないだろう。

さて、この2016年に起こった一つの偶然を取り上げる。
2014年に堤幸彦監督が演出した舞台『真田十勇士』が上演されたが、田島ゆみか(『てるてる』では田島有魅香)さんが出演していた。2016年、舞台が再演され、何人かのキャストが変更となり、浅野ゆう子さんが加わった。これで、『てるてる』の照子と冬子(子役)が同じ舞台を踏むことになった。
その舞台を、『てるてる』で春子(子役)を演じた、滝裕可里さんが鑑賞され、田島さん、浅野さんと再会することになったわけだが、ちょうど『てるてる家族』の再放送中に13年ぶりの再会をしたというわけである。

Blu-Ray化とか高望みはしないので、2年に1回くらいのペースで再放送してもらいたいものだ。

|

« 【神の舌を持つ男】予想していた期待はずれへの不安 | トップページ | 【ケイゾク】アーカイブ・『ケイゾク/寫眞集』スケジュール表解読 »

てるてる家族」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155300/64266446

この記事へのトラックバック一覧です: 【てるてる家族】過去にも未来にも、こんな朝ドラは出現しないだろう【最終回】:

« 【神の舌を持つ男】予想していた期待はずれへの不安 | トップページ | 【ケイゾク】アーカイブ・『ケイゾク/寫眞集』スケジュール表解読 »