« 『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』を見ないわけ【閲覧禁止】 | トップページ | (お詫び)『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』を見ないわけ(見ないで) »

2016年7月15日 (金)

神の舌を持つ男 第2話 First Impression

おそらくSecond Impressionはないのだが…恒例なので。

今回、取り立てて気になったのが、第1話に比べてかなりミステリーに寄せてきたところである。
特に、第1話ではうざいくらいに突っ込みに徹していた佐藤二朗さん演じる宮沢寛治が、かなりミステリーの場面で動き、「犯人に説教をする役」をやっていたところや、蘭丸と父の関係を宮沢賢治と父の関係になぞらえていた場面で、宮沢寛治というキャラクターの本性が明らかになってきた。

また、蘭丸がなぜああいった能力を身につけ、山にこもっていたのかということ、蘭丸の抱える悩みのようなものが少し明らかになった。

登場するゲストも、堤作品ではおなじみの人としては徳井優さんや、江口のりこさん、そして『SPEC』の鹿浜刑事を演じた松澤一之さんといったところや、ニサス的なゲストで山村紅葉さん、それに、志賀廣太郎さんや森岡龍さん(若い刑事役。少し『ケイゾク』の真山のモノマネが入っていたっぽい。『あまちゃん』で「若き日の正宗」略して「若正宗」と呼ばれていたのが「若い刑事」という役名で笑った)、斉木しげるさんといった個性的な俳優が揃っていた。

ただ、小ネタを盛りすぎで目移りしてしまうのは前回から引きずってしまったところはある。息が白くて「エルニーニョ現象か」というツッコミを入れたり、「ウルトラマン」とか「ヒバゴン」はトリックの使い回しだ。「Right-onららぽーと新三郷店」と突然実在の店舗名を出してきたり、「マイナンバー制度」と時事ネタ的なネタが入るのは堤監督のいつものパターンだ。

それはともかく、今後は、なぜあの三人が出会ったのか、そしてニサスマニア甕棺墓光(かめかんぽ ひかる)の過去が明らかになるのか、そしてやはり雅の顔が写ることはあるのか、というのは、『ケイゾクなるままに@ココログ シーズン弐』の管理人としては気になるところだ。

|

« 『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』を見ないわけ【閲覧禁止】 | トップページ | (お詫び)『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』を見ないわけ(見ないで) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

神の舌を持つ男」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
ONのドラマを録画しており本日初めて見たケイゾクファンの者です。
こちらのサイトへ行き着きました。
ケイゾクいいですよね。あれ以上、あれと同等のドラマに今でもまだ出会えていません。
堤監督もケイゾクの時が1番よかったです。

投稿: 柿ピー | 2016年7月17日 (日) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155300/63920540

この記事へのトラックバック一覧です: 神の舌を持つ男 第2話 First Impression:

« 『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』を見ないわけ【閲覧禁止】 | トップページ | (お詫び)『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』を見ないわけ(見ないで) »