« NAVERまとめに権利侵害の申告をしました。(パート2) | トップページ | 【SPEC】文系人間が量子力学やパラレルワールドを語る(量子力学編) »

2016年4月11日 (月)

【朝ドラ】てるてる家族再放送【13年ぶり】

本日から、 BSプレミアムで連続テレビ小説『てるてる家族』の再放送が始まった。
2003年の本放送から、実に13年の時を経ての再放送である。

これだけの時間がかかってしまったのは、このドラマがミュージカル仕立てで、多数の楽曲を使用しており、その権利処理が困難を極めたものだと理解している。
このミュージカル仕立てというのが朝ドラとしては斬新な試みで、残念ながら当時は受け入れられず、視聴率20%割れを記録してしまっている。
しかし、根強いファンの支持もあり、こうして晴れて再放送を迎えたわけである。

大体感想めいたものは、第1週が終わって以降に書くものだが、すでに本放送で見ている作品だから、再放送ということで感じたことを書く。
まず、連続テレビ小説初のハイビジョン放送ということで、画質的には古さを感じないのがありがたい。とは言え、縦横比3:4の地上波放送も考慮したアングルや、テロップのフォントサイズに時代を感じる。私も本放送の時は、アナログ放送で見ていたのである。
そして、第1回に中身がこれだけ詰まっていたのは全く記憶になくて新鮮だった。
Mr.オクレや、ラサール石井は、この回だけの登場という贅沢な使い方である。
また、岩田春男が乗った電車は、実際に当時阪急電車に走っていた電車を使用するという凝りようだ。

さて、BSプレミアムで『てるてる家族』の直後に放送されるところである『とと姉ちゃん』とは、どちらも実在のモデルがいて、取り扱う時代も近く、姉妹を描くストーリーということで、比べてしまいそうだが、なるべく比べないようにしたいところである。

まぁ、「長女がオリンピック出場、次女が紅白歌合戦出場」なんて姉妹の物語は、他に比べようがないだろうが。

|

« NAVERまとめに権利侵害の申告をしました。(パート2) | トップページ | 【SPEC】文系人間が量子力学やパラレルワールドを語る(量子力学編) »

てるてる家族」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155300/63472863

この記事へのトラックバック一覧です: 【朝ドラ】てるてる家族再放送【13年ぶり】:

« NAVERまとめに権利侵害の申告をしました。(パート2) | トップページ | 【SPEC】文系人間が量子力学やパラレルワールドを語る(量子力学編) »