« 【ヤメゴク】コミック2巻、11月26日刊行! | トップページ | 【あさが来た】朝ドラ定番パターン…のまま終わらない?【外れたら嬉しい展開予想】 »

2015年10月25日 (日)

【すべてがFになる】1クールで1つの殺人事件を扱う試み【アニメ版】

フジテレビ系列の深夜時間帯で、アニメ『すべてがFになる』が始まった。
情けないことだが、このアニメについて、十分情報収集していなかったこともあり、第1回を(アニメでは各回を「章」で表記)見逃してしまったのだが、第三章まできて、ようやくあることに気がついた。

それは、原作とアニメの章タイトルだ。
原作の章タイトルは、当然のことだが、原作に記載されている。
アニメの章タイトルは、各回の冒頭に表示されるのだが、放送内に挿入されているBlu-Ray/DVDの告知CMの中に、全十一章のタイトルがアナウンスされている。
それを見比べる。

原作 アニメ
第一章 白い面会 白い面会
第二章 蒼い再訪 蒼色の邂逅
第三章 赤い魔法 赤い魔法
第四章 褐色の過去 虹色の過去
第五章 灰色の境界 銀色の希望
第六章 虹色の目撃 真紅の決意
第七章 琥珀色の夢 灰色の境界
第八章 銀色の秩序 紫色の夜明け
第九章 黄色いドア 黄色の死角
第十章 銀色の真実 紫苑色の真実
第十一章 無色の週末 無色の週末

見ればわかる通り、原作もアニメも「色+名詞」という章タイトルになっているどころか、原作とアニメが全く同じ章タイトルになっている章もある。
これまでの各回の展開は、私は第一章を見逃してしまったのだが、第二章、第三章の展開を見る限り、今のところ原作の各章の展開にほぼ沿った形で、アニメの各回が展開している。

ということはである。今回のアニメ『すべてがFになる』は、原作本『すべてがFになる』1冊のエピソードを、アニメの1クール使って描写する、ということになる。
ドラマ『すべてがFになる』では、このエピソードをたった2話の1時間枠ドラマに押し込めてしまっていた。
殺人事件ものでシリーズものになっている小説の、一冊だけ取り出して1クールまるまる使って映像化するという試みは、あまり聞いたことがない。吉と出るか凶と出るか、楽しみなところである。
『すべてがFになる』という1本の小説であると同時に、通称「S&Mシリーズ」というシリーズものなのである。小説の再現度が高まることは期待できるが、シリーズの結末、『有限と微小のパン』に至るシリーズの結末は見ることができないのは残念である。

|

« 【ヤメゴク】コミック2巻、11月26日刊行! | トップページ | 【あさが来た】朝ドラ定番パターン…のまま終わらない?【外れたら嬉しい展開予想】 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155300/62545895

この記事へのトラックバック一覧です: 【すべてがFになる】1クールで1つの殺人事件を扱う試み【アニメ版】:

« 【ヤメゴク】コミック2巻、11月26日刊行! | トップページ | 【あさが来た】朝ドラ定番パターン…のまま終わらない?【外れたら嬉しい展開予想】 »