« 【あまちゃん再検証】2010年7月のヒットソング【第113回】 | トップページ | 【SPEC】CS TBSチャンネルで無料放送!【トリック2も】 »

2015年8月29日 (土)

【あまちゃん再検証】実はかなり前に予告されていた「産まれたての鹿」【第126回】

今日の『あまちゃん』再放送、第126回であるが、本放送では2013年8月24日だった。

色々とネタがあった回であるが、古田新太さんの「産まれたての鹿」についてである。
同じ年の6月26日放送の、NHK『スタジオパークからこんにちは』に古田新太さんが出演した際、そのシーンについて語られているのである。本放送の時にそのことはほのめかしたりしている。
すこし前の部分から抜き出してみる。

伊藤(伊藤雄彦NHKアナ)「周りの女の子たちもこう一緒に踊ってるじゃないですか。たまに、『ちょっと違うんじゃない?』みたいな、そんな…」
古田「いや、GMTの子たちはひどいですよ」
伊藤「え、ひどい?」
古田「あ、もう、アキちゃん、アキちゃん(モニターの能年さんを指差し)とかひどいです」
伊藤「どうひどいんですか?」
古田「全然踊れないし」
伊藤「あ、踊れないんですか」
古田「この子たち(モニターのGMTのアキ以外の5人を指差して)、よくこの年代で……こんなに踊れない子を集めたねみたいな。それでオーディションしたのかなと思いましたもん。一緒にレッスンするんですよ」
伊藤「はいはい」
古田「みんなで」
伊藤「ええ、ええ」
古田「でボク先帰りますからね」
伊藤「えーっどういうことですか先帰るって…」
古田「振り覚えちゃったから、ったら先生が『もう古田さんいいですよ』っていってあとみんな居残りです」
伊藤「あ、居残りで。一発OKが古田さんで。え、でも、あの、能年さんは役柄でちょっと下手にしてるわけじゃない?」
古田「いや、そう、そう言っとけっていう」
伊藤「あはははは、そうですか。これね。このシーン(『スタジオパーク〜』放送日に放送された第75回のアキがテキトーな振りで『暦の上ではディセンバー』を踊るシーン)とか」
古田「もう…天才です。もう、アキちゃんは」
伊藤「あ、そ、そうですか。天才」
古田「本当に面白いですねえ。こんなに、だから、基本的にはドラマなんでアドリブなんてないんですけど、今回朝ドラなのにいいのかなって思うぐらい監督が、あの、そこお任せでみたいなところがあるんです」
伊藤「え?」
古田「いわゆる、お芝居でいうとエチュードって、シチュエーションだけを与えて、そこは俳優さんで続けてくださいみたいな、まだないんですけど、ボクと薬師丸さんのシーンとか
伊藤「これから出てくる、はい」
古田「ボクとキョン吉くん、ああ、小泉さんの」
伊藤「あ、キョン吉くん、小泉さん」
古田「小泉さんとのシーンとかで、そこお任せで、みたいになっちゃうところがあるんですけど、なかなかそういうのって訓練してないとできないんですよね。アキちゃんはね、すごいです。本当に食いついてきます
伊藤「どういう風に」
古田「だから、こっちが無茶振りしたらそれに乗っかってくるんですよね。普通は黙っちゃうんですけど新人の女優さんとかは。乗っけてきますね。面白いですねえ。こんなキラッキラした顔して
伊藤「じゃあもう女優としても先輩からみてもこれは」
古田「いやあ面白いですね。あんまり褒めるとなんだな。やめとこ」

前段のところで、古田さんが「わざと踊りが下手な子をオーディションしたんじゃないかと思った」という部分、古田さんレベルからするとそう思ってもしかたないのだろうけどすごい言い分だなと面白い。
ただ、「GMTは踊りの下手な子の集団」というのは、GMTリーダー、入間しおり役の松岡茉優さんが『スタジオパーク〜』に出演した時も、メンバーのダンスの下手さについて(自分を差し置いて)触れていたので、古田さんの主観ではない、ということになる…
その話の後、唐突に古田さんが話題転換した、「ボクと薬師丸さんのシーン」というのが「産まれたての鹿」のことだったということになる。
そして、「こっちが無茶振りしたらそれに乗っかってくる」という、「乗っかってきた」のが能年さんが「産まれたての鹿」で足をガクガクさせながら歩いてくるシーンというわけである。
ついでに言うと、第125回の最終審査のシーンも薬師丸さんのアドリブのセリフがある。「普通は黙っちゃうんですけど新人の女優さんとかは」というのがどういう反応なのかも、この回で分かる。

今更言ってもなんだが、『スタジオパーク〜』のこの放送を見てから、一体このシーンはどの回に出てくるのだろう、ということをずっと楽しみに見ていたのである。なんと2ヶ月も待ってしまったことになる。
2ヶ月というと、短いようだが、『あまちゃん』を見ていた頃の2ヶ月とは、途方もない長さだったことが思い起こされる。

ところで、もう一つ古田さんが上げていた、「小泉さんとのシーン」というのが一体、どのシーンのことを指していたのか、判然としないのが、ずっと奥歯に物が挟まったような感じがしている。

|

« 【あまちゃん再検証】2010年7月のヒットソング【第113回】 | トップページ | 【SPEC】CS TBSチャンネルで無料放送!【トリック2も】 »

あまちゃん」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155300/62179866

この記事へのトラックバック一覧です: 【あまちゃん再検証】実はかなり前に予告されていた「産まれたての鹿」【第126回】:

« 【あまちゃん再検証】2010年7月のヒットソング【第113回】 | トップページ | 【SPEC】CS TBSチャンネルで無料放送!【トリック2も】 »