2017年9月20日 (水)

【re?】『ケイゾクサーガ最終章』or『ケイゾクサーガ完結編』?【○○○○'○?】

今まで『ケイゾクサーガ第三章』とか呼ばれたり、このブログでは勝手に「re?」と呼んでいるものであるが、先日の植田Pのツイートでは『ケイゾクサーガ最終章』と言及されているが、植田Pのツイッターアカウントのプロフィール画面には『ケイゾクサーガ完結編』の文字もあり、副題?がどうなるのか、未だにはっきりとしない。

そして、正式なタイトルは、まあ、『ホリック』ではないのだろうが、未だに明らかにならない。
個人的には、「re?」というタイトルに愛着?があるので、正式タイトルが明らかになるまでこれを使いたい。

ところで、植田Pが『アンナチュラル』にかかりっきりになっているから「re?」の方は進展がないのかと思えば、



美打ち=美術打ち合わせ、のことで、少しずつ進展しているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

【re?じゃない】不自然に混乱していた【アンナチュラル】

石原さとみ主演、野木亜紀子脚本、新井順子・植田博樹プロデュースのドラマ『アンナチュラル』が2018年1月の金曜ドラマ枠で放送されることが明らかになった。

途中から疑心暗鬼になっていたのだが、植田プロデューサーは時折複数の作品のプロデュースを同時に手がけることがあり、

【re?】クランクイン?(仮)で取り上げた、



はもちろん、【re?】あと一月に、含まれるとしたらで取り上げた、

の「色々」の一つも、
【re?】最近ブログのネタに詰まっている

や、

も『アンナチュラル』の話だったということだ。

そして、

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

『警視庁いきもの係』最終回、これが『ケイゾク2』でも構わない!?

『警視庁いきもの係』今日最終回であった。

『ケイゾク』を思い出しながら見ていたわけだが、第9話では渡部篤郎さん演じる須藤が「アサクラ」という名前に反応し、『ケイゾク』のサントラの曲『Continuation』が流れるという場面はどう見ても『ケイゾク』のパロディーだったし、最終回では橋本環奈さん演じる薄巡査がリュックの中身を片っ端から取り出すシーンは、『ケイゾク』の柴田を思い出した。「私わかっちゃいました」というセリフも何か聞き覚えがあった。

ラスト2話で、「新興宗教・ギヤマンの鐘」などというのが出てきて、これまでとはぜんぜん違う展開になるのかと思ったら、そうでもなく、犯人が警察官に抱く私怨が動機で、須藤と薄の説得であっさり投降してしまうあたりは、このドラマのゆるさなのかもしれない。

日曜9時のドラマ枠は、廃枠になってしまうが、何かの形でまたいきもの係の面々に会いたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【re?】クランクイン?(仮)

なんの作品かは分からなくなったが、楽しみである。

ところで、堤幸彦監督の昨日のブログを見ると、「年内に撮影する新作の準備」中で、「明日(つまり今日)」の戸田恵子さんのライブショーに行きたかったが行けない、と言ったようなことが書いてある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

【IWGP】池袋西口公園再開発【19年秋】

毎日新聞9月6日配信の記事「池袋西口公園 人気ドラマの舞台、再開発で野外劇場に」によると、ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』の舞台となった、池袋西口公園が再開発され、クラシックのコンサートなどができる野外劇場として整備されるということだ。現在と同様にイベントや憩いのスペースとしても活用するとはいえ、野外劇場が出来、ドラマ放送当時の面影はなくなってしまうだろう。
最近こればっかりだが、ドラマの面影がなくなることは、寂しいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木)

【ケイゾク初日舞台挨拶】TOHOシネマズ日劇閉館

シネマトゥデイの記事より。
TOHOシネマズ日劇が、2018年2月上旬を持って閉館となるとのことだ。
『ケイゾクなるままに@ココログ シーズン弐』的には、前身の「日劇東宝」時代、『ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer』の初日舞台挨拶を行った映画館である。

この舞台挨拶、現在のように座席指定などない時代、前日から大勢のファンが詰め寄せ、当初予定されていたニュー東宝シネマ1(後のTOHOシネマズ有楽座。現在は閉館)から箱割りが変更され、徹夜組も含めて1200人が並んだ。その舞台挨拶の模様は、Blu-Ray BOXで見ることができるので、お買い求めください(笑)

それはさておき、また一つ、『ケイゾク』時代の象徴的な物が消えていくのは、寂しい限りである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

【情報求ム】2017年8月23日からCS TBSチャンネル2で放送されていた『ケイゾク』デジタルリマスター版について

『ケイゾクなるままに@ココログ シーズン弐』というブログを運営していながらお恥ずかしい話しながら、8月23日から、CS放送のTBSチャンネル2で、『ケイゾク』のデジタルリマスター版が放送されており、今日、最終回だったということを知った。

なお、明日の午後、13:00から、『ケイゾク/特別篇「死を契約する呪いの樹」』が放送される。デジタルリマスター版なので、ディレクターズカット版であると思われるが、これも確認できない。

そこで、今回のCS放送を見た方にお聞きしたいのだが、前回?のCS放送、デジタルリマスター版TV初放送記念!「ケイゾク」映画もドラマも全部見せますスペシャル(2017年1月)との違いである。

そうは言っても、両方を見た人はいるかどうかもわからないので、とりあえず知りたいのが、

・冒頭の「この作品は1998年(ママ)に放送されたものです」というテロップは、今回修正されたのか(ケイゾクの本放送は、正しくは1999年である)?
・第8話の、嶋村一郎を演じる伏石泰宏さんの出演部分にモザイク処理が行われていたのか、また、クレジットに名前があったのか?
・明日放送される『特別篇』は、ディレクターズカット版なのか?違いは【ケイゾク】アーカイブ+α『ケイゾク/特別篇』ディレクターズカット TV放送版との違い

の3点である。
ご存知の方は、コメント欄かTwitterで教えていただきたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

【SPEC】津田助広の謎〜結〜(ネタバレあり)

これまで、津田助広について2つの記事を書いて、かなりのアクセス数を頂いている。

【SPEC】津田助広の謎(連続ドラマ篇)
【SPEC】津田助広の謎(翔&天篇)(ネタバレあり)
しかし、アクセス数にもかかわらず、記事の内容には全く満足いっていないのが現実、というか、気合十分で書いた記事よりも多く長く読まれていることにも満足いっていない。
そういうわけで、『SPEC〜結〜』で得られた情報も加えて、リベンジしたい。前の記事と重複になると思うが悪しからず。

最初に動画『SPEC〜first blood〜』に「公安零課」の名前が登場した。あっ、間違えた。ではなく、第8話に「陸軍中野学校」が登場する予定であることが明らかにされた。実際第8話に陸軍中野学校の名前が登場する。公安零課が、陸軍中野学校に由来することは、ドラマを見た人なら周知の事実であろう。

実際に津田と公安零課がドラマに登場するのは、第7話から。はっきりと明確になるのは第9話でのことなのだが、津田助広の姿をした人物が複数存在して、津田が殺されても、別の津田が現れるというシステムである。

また、ドラマでは明確になっていなかったのだが、地居も一時期、津田助広だった時期があり、SPEC HOLDERとして目覚めたために、地居に戻されたという設定になっている。スマートフォン向けに配信されていた『SPEC magazine電子完全版』に記載されていたのだが、現在は配信されていない。
この裏設定、連続ドラマの時点では全然納得行っていなかったのだが、『SPEC〜天〜』で登場した「宗家津田」の存在を考えるとわからないでもないかな、という感じである。

『SPEC〜翔〜』に登場した、神戸明こと「SPECホルダーサイドの津田」は、連続ドラマ『癸の回』のラストに登場した津田と同一人物と思われる。地居と同じようにSPECを持っているが、地居のように元の姿に戻されなかった理由は不明である。
同じく『SPEC〜翔〜』に登場した、市柳賢三も津田の一人。本名は名乗れないが、野々村係長の部下だったこともあるという。『SPEC〜天〜』で明らかにされたところでは、「24代宗家津田助広」で、いままでの津田助広は彼の影武者だったことが分かる(「自分は自分の影武者を全員無駄に死なせてしまった」という台詞がある)。
「宗家」が自ら登場することになったのは、連ドラ第9話【壬の回】でにのまえが「アグレッサー達は全員殺した。金太郎飴みたいな津田たちも一人残らず殺したよ」と言っていることから、彼らが全てにのまえに殺されたためである。
おそらく、神戸の津田と市柳の津田は、マスクをかぶっていたため、連ドラで殺されずに済んだのだろう。そして、神戸の津田は、連ドラ最終回で、地居を当麻に倒させるという公安零課のミッションに従事していたと思われる。つまり、御前会議の側に付いたのは『翔』の時点であると思われる。というのも、御前会議と神戸の津田の面会シーンで、初対面という感じだったからである。

【SPEC】津田助広の謎(翔&天篇)(ネタバレあり)は、「真相は闇の中だ」と結んだわけだが、津田が全滅することが、『SPEC〜結〜』にとって大きな意味を持っていた。

『SPEC〜結〜漸ノ篇〜』の植田プロデューサーのインタビューで、『SPEC〜天〜』で津田助広(の宗家)が死んだことがきっかけの一つとなって、御前会議がシンプルプランに対する態度を変えたことになっている(そんなに津田が重要な存在なら、本編にこの設定は盛り込んでおくべきだったのでは?)。また、『SPEC〜結〜爻ノ篇〜』のQ&Aでは、津田助広は伊勢神宮から始まる「御前様」直属の「影の軍団」の頭領であったという設定も示されており、『SPEC〜天〜』が「起承転結」の「転」である存在理由は、つまるところ津田助広(の宗家)の死にこそあり、『SPEC〜結〜』に話が進む上で、重要な意味を持っていたということになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

【re?】あと一月に、含まれるとしたら

「色々」というのも気になるが、そのなかに「re?」も含まれるとしたら、植田Pがクランクインが近いことを示唆していたことも考えると、「re?」はもしかしたら、私が予想していた2018年4月クールではなく、2018年1月クールのドラマである可能性もある。
そうだとして、金曜ドラマ枠で放送されるということになると、『ケイゾク』と同じ1月クールの金曜ドラマということになる。まぁ、大した意味はないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

【re?】これまでのまとめ

最初に話題が出てから四ヶ月たったところで、これまでの妄想をまとめてみる。

まず、「re?」というカテゴリは、SPEC公式ツイッターのツイートを引っ張って来ているだけであり、正式名称が決まり次第、変わるだろう。
そして、「結着」というのは一瞬だけ植田Pがツイートした「結の決着」ということらしい。『SPEC』は完全燃焼したと思ったのに、まだ粘るか…

また、2017年12月か2018年に情報オープンになるらしいことが示唆されている。2017年1月には日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』の放送を控えていることから、これと同じ時期、または前になるということはないだろう。

そして、堤幸彦監督の連続ドラマであることはほぼ間違いない。主題歌を「ゲスの極み乙女」が担当する、というのは私の全く根拠のない妄想である。

また、御厨静琉というのが主人公の女性の名前、というのも妄想である。

現在は、(もうすぐ発進という話もあるが)最終話までのプロットを練っているところであろうか。クランクインはまだ先であろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«【re?】クランクインはまだ先?